みなづきの日。

京都では、6月30日に多くの神社で

夏越の祓(はらい)が行われ、

この日に、残り半年の無病息災を祈念して

「みなづき」を食べる風習があります。

そもそも、この風習は平安時代の宮中に遡るようで、

旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、

氷室(ひむろ)から氷を切り出して食し、

暑気払いをしたことから始まったとか。

三角形に切った白い「ういろう」はこの氷をかたどったもの、

また四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われております。

上に乗っている小豆は、その赤い色に厄除けの意味があるとされますが、

同時に、豆(まめ)は魔滅にも通じるとか・・・

写真は、蒸したての「みなづき」です。このあと三角に切り分けていきます。

当店では、基本の白生地と、黒糖生地、そして、

この日限定で抹茶生地も販売いたします。

おかげ様で、毎年、早々に売り切れることが多いので、

お早目にお買い求めいただければ幸いです。

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.